Skip to content

関西からのスキーバス

冬のシーズン限定のスポーツといえばスキーが代表的ですが、適度な積雪のあるところでなければスキーを楽しむこともできませんので、この時期には全国各地からスキーバスが運行されるようになります。

関西方面からの便であれば、京都や大阪、神戸などの大都市から出発するパターンが多くなっています。関西方面からの場合、琵琶湖周辺のスキー場は日帰りでも利用が可能であり、これを離れると現地のリゾートホテルなどに宿泊をするのが一般的です。バスは阪神高速道路や名神高速道路などの主要な高速道路を経由しますので、距離の割にはそれほど移動時間はかからないというのが特徴です。

関西のスキーバスのほとんどは事前に座席を予約するかたちとなりますが、これはバス会社が専用のコールセンターを持っていて一括で申し込みを受け付けている場合と、旅行代理店などが申し込みを間接的に受け付ける場合の両方が見られます。いずれにしてもバスは飛行機などとは違って価格的には安くなっていますし、何よりも乗り換えの大きな手間がないところが人気の理由です。

パッケージツアーの一種として旅行代理店が企画したもののなかには、現地での宿泊、往復の移動とあわせて、現地のゲレンデで使えるリフト券や食事券などをセットに組み込んでいることもあります。このようなセットになったパッケージツアーの場合には、個別にチケットの購入をするよりもさらに安価となることが多いといえます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *