Skip to content

関西からバスでスキー場へ

関西地方の都心部、たとえば京都や大阪といった場所からスキー場に出向くのにはいくつかの方法があります。

完全にチケットなどを自前で準備できるのであれば、ひとつにはマイカーを使って名神高速道路などの高速道路を移動する方法がありますが、スキー場はほとんど例外なく高地にあって路面の凍結やカーブの連続などの危険があるため、運転の初心者にはあまりおすすめはできないものとなっています。ほかにも新幹線や在来特急をはじめとする鉄道が挙げられますが、途中まではよいとしても、最寄りの駅からスキー場までの直通とはいきませんので、乗り換えがかならず発生する点には留意しておかなければなりません。

このように考えた場合、関西の都心部発着でスキー場に向かうもっとも効率的な手段はやはりバスということになります。関西の旅行代理店では冬の時期限定でスキーバスツアーなどの募集を行っていることが多く、こうしたものに応募しておけば、移動の手段と現地での宿泊の両方とも旅行代理店のほうで手配してもらえる上に、自前で予約などをするよりもはるかに価格的には安くなります。また高速バスのように旅行代理店などを通さなくてもある程度は気軽に乗れるようなバスの便も存在していますので、これらを利用する手段もあります。この場合は予約がなくてもチケットがあれば満席ではない限り乗れるパターンと、あらかじめバス会社のセンターに予約の電話を入れるパターンがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *