Skip to content

東海のスキー場へ飛行機で行く

東海のスキー場に行く時は日本海側の気候が影響しているエリアと、太平洋側の気候が影響しているエリアがあるので、様々な色を楽しむことができます。

東海のスキー場へは飛行機で行くことで遠くからの利用者も集まりやすいです。露湯質なスキー場がたくさんあるので、気になるパークへ飛行機でいき宿泊施設などに泊まることもできます。冬になれば西側には乾燥している冷たい空気が吹き込んでくるので、北日本並みに冷え込むこともあります。大雪が局地的に降ることもあり、北部では飛騨地方の全域が豪雪地帯と化する可能性もあるほど積雪の多い地域です。

周辺には東海で有名なグルメや観光地もあるのでウィンタースポーツをしながら、他の部分でも楽しむことができるので飛行機で来たいほどです。ゲレンデにはビギナーから上級者までそれぞれのレベルに対応しているコースが、ちょうど良い範囲で配置されています。シーズンになれば子供はもちろんのこと、大人まで溢れかえります。パークエリアでは専用で担当している人が、毎年工夫を凝らして演出をしています。

トリックをすることができるアイテムも充実しているのですが、プロスノーボーダーを中心にパークスクールも毎日開催されています。テクニカルで爽やかな滑りを楽しみたい人にもとっておきのパークです。ビギナーや小さな子供連れの家族にも勧められているのが、ひるがの高原です。ゲレンデ構成はビギナーから中級までのコースのみとなっていて、どのコースも緩さがあり幅広くなっています。ウィンタースポーツに初挑戦する人にはぴったりというパークで、休憩室にはキッズスペースがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *