Skip to content

東京に夜行バスで行くなら持って行きたい物

東京まで夜行バスを利用するとかなりの時間になりますが、どれだけ車内で快適に過ごせるかが重要になります。

何時間もの長い間に苦痛を感じながら過ごすのは辛いですので、持参をした方がいいものを用意していくといいでしょう。東京までの夜行バスの車内は快適な温度に保たれるようにしてありますが、みんなが同じ温度を快適と感じられるとは限りません。窓側の席であれば窓から冷気を感じる事もありますし、エアコンの近くであれば暑さを感じる事もあります。体温調節をうまくするためには上着やひざ掛けなどがあるといいですが、必ずしも必要とは限りません。

ひざ掛けなどに関しては東京の夜行バスでは、バス会社が用意してくれていることが多いですので、無理に自分が持って行く必要がないからです。用意されているアメニティはあらかじめ問い合わせておけばわかる為、自分で持って行かなくてもいいでしょう。用意されていないようであれば自分で体温調節は行わなくてはなりませんので、何か持参しておく事です。車内は乾燥する事も考えられますので、乾燥対策に飴や飲み物を用意しておくと安心です。

乾燥によってのどが痛くなったり体調を壊してもいけませんので、念のためにマスクも用意しておけば困る事はありません。マスクは喉の乾燥対策だけではなく肌の乾燥対策にもなるため翌日の肌の調子を整える事も出来、化粧ノリが悪くなることもないでしょう。乾燥対策ではハンドクリームやリップクリームなどもあると便利なものになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *