Skip to content

東京までの夜行バスで快適に過ごせる方法

夜行バスで東京まで行ったことがある人の中には、寝付けなくて辛い思いをしたことがあるという人もいます。

一度利用して困ったからもう乗りたくないと思うのではなく、原因を探って対策をしておけば次回は快適な状態で夜行バスで東京まで行く事が可能です。寝付けなかった人の多くは光が気になって眠れなかったという人もいます。東京までの夜行バスでは消灯時間が設けられていますので基本的にはまぶしくて眠れないという事はありませんが、中にはルールを守ってスマホを利用するような人もいます。

ルールを守らない人がいればまぶしい思いをすることになりますので、自分でアイマスクを持って行くといいでしょう。アイマスクがあれば近くでスマホを利用する人がいても問題ありませんし、カーテン付きの車内であればさらに安心出来ます。三列シートなどの場合はカーテンで仕切りが出来るようになっている為、光の心配も少なくなります。さらには前方からの光が気になる人が多い為、運転席の所にカーテンがあるバスもあり光対策は万全です。

シートが体に合わなくて眠りにくかったという人は、ネックピローやタオルなどで調整する事も出来ます。ネックピローは首を支える役割がある為、バスの揺れなどで目が覚めにくくなります。荷物になるのが気になるのであれば、空気で膨らませるタイプを利用すれば荷物にもなりません。タオルがあればひざ掛けに出来るだけではなく折りたたんで腰に当てれば態勢を整えやすくなります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *