Skip to content

複数の移動手段から選べる大阪発富士山登山旅行

富士山は、7月から9月上旬にかけて登る事が出来る世界文化遺産ですが、大阪発は鉄道・航空機・ツアーバスといった交通手段で行く事が出来ます。

鉄道は、新大阪発の新幹線に乗車して東京駅まで向かい、その後はツアーバスに乗り換えて乗り継ぎ無しで富士山5合目の吉田口・御殿場口・富士宮口などに到着します。航空機は、大阪府内の飛行場から羽田空港の便に乗り、そこからツアーバスに乗って東京駅などを経由して5合目に行きます。

鉄道・航空機利用の大阪発富士山ツアーは、登山道沿いにある山小屋に宿泊しますが、体力的に自信がない場合は都内で前泊・後泊する事も出来ます。前泊と後泊に関しては、自己負担とツアーとは別の予約が必要である点に注意して手配しましょう。ツアーバスに関しては、夜に大阪府内を出発して昼前に富士山5合目に到着するスケジュールを多くの商品で採用しています。

日の出(御来光)が見られる商品に関しては、就寝時間と起床時間が早めに設定されているので、旅行会社・専属ガイドの指示に必ず従うようにして下さい。バス移動は長時間に及ぶ事から、特に帰りの移動については体をリフレッシュした状態で乗り込みたいものです。

ツアーでは、山麓にある温浴施設等に滞在してから帰路に就ける事から、温泉に浸かって体を休ませてから帰阪が可能となっています。なお、移動時間は往復合計で15時間を超えるので、登山の疲労を少なくする為に、車内はリラックスした格好で乗車するのがおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *