• 時代に沿った葬式の在り方を考える

    日本では誰かが死んだあとに葬式をして弔いをするのが昔から受け継がれてきた習わしです。

    故人の家族だけでなく、近所の人たちや知人などを通夜や本葬に招き共に偲んでもらうのが一般的なスタイルでした。
    しかし時代の流れと共に徐々に宗教観や人間の価値観が変化してきたため、近頃では新しい葬式のスタイルが徐々に世間に広がりを見せています。
    近年急速に広がりを見せているのが家族葬や近親葬と呼ばれるスタイルの葬式です。
    これは参列者をほとんど呼ばず、故人の親や兄弟、子供らなど少ない親族だけで通夜や本葬を行うこじんまりとした規模の葬式です。場合によっては通夜や本葬を簡易的なものにしたり、一切行わず火葬場へ直行する場合などもあります。

    話題の最新葬式に関する良い情報をご紹介するサイトです。

    このようなスタイルがどうして人気を得ているのかと言えば、一つは金銭的な負担を軽減できることが挙げられます。

    また本当に故人を偲ぶ人たちだけでゆっくりと最期の時を過ごしたいと考える人が増えてきたことも理由の一つに挙げられます。



    そして近頃は宗教心を持たず、現実的な考えを持つ人が増えているため、通夜や本葬に価値を見出せない人が増えていることも大きな理由の一つです。

    このように最近は葬式のスタイルが非常に多様化しているため、自分や家族が死んだときにどうしたいのか生前より考えておくのがおすすめです。葬儀会社に足を運んで自分が生前予約をしておくか、遺言書を作成して残された家族宛てに指示を出しておくと安心です。