お葬式の規模に迷った時の選び方 - より良いお葬式を行うポイント
  • お葬式の規模に迷った時の選び方

    家族の誰かが亡くなったとき、残された遺族はお葬式の準備を行う必要があります。葬儀会社の方と相談してプランを選んでもらうことも出来ますが、納得のいく葬儀を行うためにはある程度ご自身でも決めておいた方が良いと言えます。


    基本的に葬儀の流れや中身は同じですので、決めることと言えば葬儀の規模がメインとなります。
    お葬式の規模は大きく分けて3つあります。まずは会社の経営者や社長、功労者などのお見送りを行うための社葬です。

    これは会社が主体となって行うことが多く、もし家族が会社を経営していたのであれば社葬を選ぶのも良いでしょう。

    次に一般葬があり、親戚や故人の知人以外にも近所の人などが参加することもあるような、そこそこの規模の葬儀だと言えます。


    そして一般葬よりも小さな葬儀として家族葬があり、名前の通り家族のみが参列する小規模な葬儀です。


    規模によってそれぞれの利点があります。社葬のメリットは大きい会場を用意することができるので、従業員や会社の関係者、取引先の方などに一気に参列してもらうことができるということです。

    様々な葬式情報選びをサポートします。

    一般葬はある程度の人数を呼べる規模なので、故人の交友関係が広かった場合や葬儀には近所の方も参加するという習慣がある地域で行いやすいという利点があります。



    家族葬は様々な事情から参列客が少ない場合や静かに家族のみでお見送りしたいという希望を叶えてくれるという利点が大きいです。



    このようにお葬式は選び方によってそれぞれの利点や特徴があります。


    葬儀を行うときは家庭に合った規模やプランを選ぶと納得のいく葬儀が出来るでしょう。