千葉県内での葬儀と焼香の作法 - より良いお葬式を行うポイント
  • 千葉県内での葬儀と焼香の作法

    千葉県内で葬儀がある場合、一般には仏教形式で、通夜、告別式の二度にわかれています。

    千葉で葬儀の役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

    その両方について、弔問客それぞれ霊前で焼香を行うことになります。



    この焼香に関しては、宗派によって、作法が違っていたりすることがありますので、葬儀に呼ばれた場合、当日は注意しておいたほうがよいでしょう。


    千葉県内の場合、宗派といってもいろいろありますが、日蓮宗の開祖の誕生した土地柄でもあることから、日蓮宗が多くを占めています。

    日蓮宗での焼香は、導師が行う場合は三回、一般の弔問客が行う場合は一回というのがふつうです。他の宗派の場合、一般の弔問客でも三回にわたって焼香を行うことがありますので、まわりの弔問客がどのようにしているのかには気を配っておき、粗相のないようにする必要があります。
    ただし、これも地域によっては、同じ日蓮宗でも一般の弔問客が三回にわたり焼香をすることもありますので、ケースバイケースといえます。


    千葉県内でも大規模な葬儀の場合には、指名焼香といって、当日の焼香の順番を、司会のほうで指定をすることがあります。

    通常、最初に焼香をするのは導師、そのあとに喪主、その他の遺族、親族と続きますが、さらに親族のあとに焼香を行う順番を、この指名焼香によって指定する趣旨です。



    弔問客のなかに、政治家、会社の社長、学校の校長など、社会的な身分の高い人がいる場合によく行われるもので、他の一般の弔問客は、指名焼香後、座っている席順に行うことになります。