• 千葉県で葬儀費用を抑える方法

    千葉県内の斎場で葬儀を執り行う場合には、葬儀会社が所有する斎場か民間の施設、寺院などの宗教施設や寺院会館、公営斎場の3通りの方法が考えられます。民間の斎場を借りる場合には、施設利用料が高くなってしまいます。

    これに対して公営の施設を利用する場合であれば、施設を運営する自治体の住民であれば格安料金で会場を借りることができます。


    公営斎場の職員は地方公務員なので、心付けを渡す必要もありません。

    満足度の高い千葉で葬儀の情報サイトはこちらです。

    多くの自治体では、火葬施設を併設する公営斎場は都道府県に1〜3ヶ所しかありません。


    そのため、施設利用料が安い公営斎場は予約が取り難いケースが多いです。

    これに対して、千葉県は公営斎場が充実しているという特徴があります。
    千葉県内には14の公営斎場があり、地元の住民であれば格安料金で葬儀を執り行うことができます。



    いずれの斎場にも火葬施設が併設されているため、告別式の終了後にすぐに棺を火葬施設まで搬送することができます。告別式後に遺体を搬送するための霊柩車や、親族が移動するための車を手配する必要がありません。

    このため、お葬式の費用を安く抑えたい人におすすめです。

    公営斎場を利用する場合には施設に直接予約をするか、指定された葬儀会社を通して予約をします。



    公営斎場に施設ごとに複数の業者が指定されているので、葬儀社を紹介してもらうことも可能です。最近は家族葬を選択する人が多いので、公営斎場でも少人数用の式場を備えた施設が増えています。